なぞなぞ英語noブログ(:-D)

英語のなぞなぞでTRAIN YOUR BRAIN!

ポール・キム 著の 「なぞなぞ英語」の内容を中心に英語のなぞなぞ、パズルなどをご紹介します。 考える過程、答えを見る過程を通して楽しく英語の文化を学んだりボキャブラリーを増やしたりできます。
出題は夜で、翌日の午前中に解答を書き足すスタイルで書いていきます。
当面は不定期更新となります。

RIDDLE 4
How many big men were born in New York?
SOUNDS
 
big men in NY

和訳
ニューヨークでは何人の大者が生まれたでしょう?



ここで big men は文字通り体のサイズが大きな人を指すこともありますが、人間的に大きな人という意味で「大者」を指すこともあり、”He’s big.”と言えば「奴は大者だ(偉い)」という意味です。また、米国では「人気がある」という意味にも使います。ですが、一般的には「成長した」という意味で用いられます。

ニューヨーク市/New York City といえばアメリカ最大の都市で、世界的な商業、金融の中心地ですが、60年代には マンハッタン島/Manhattan の町外れにあるグリニッジビレッジ/Greenwich Village に若者が集まり最先端の芸術が花開いたこともありました。たくさんあったコーヒーハウス/Coffeehouses ではフォークシンガーたちかいつか大歌手になることを夢見て歌を歌っていました。そのひとりがミネソタ州に生まれ、歌手になろうとしてニューヨークへ出てきたボブ・ディラン/Bob Dylan です。今やノーベル文学賞まで受賞して、まさに世界の偉人となりました。

黒人ジャズトランペッター、シンガーの ルイ・アームストロング/Louis Armstrong ニューヨークが生んだ大スターです。彼は南部の ルイジアナ州/Louisiana ニューオーリンズ/New Orleans でミュージシャンの道を歩み始め、イリノイ州/Illinois シカゴ/Chicago での活動を経て、ニューヨーク/New York へ拠点を移しました。

今あげた二人ともニューヨーク生まれではありませんが、ニューヨークが生んだ大者と言っても良いと思います。

解答は下の方にありますよ!十分考えてから見てくださいね!
(PCのブログトップページからは<続きを読む>をクリックします。)


ヒント









大者も小者も生まれたときから?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

RIDDLE 3  Why did they bury Lincoln on a hill?
SOUNDS


Lincoln bury





和訳
なぜ人々はリンカーンを丘に埋めたのでしょう?






ヒント

Lincolnとは米国の第16代大統領、Abraham Lincoln/エイブラハム・リンカーン (1809~65) のことです。彼は南北戦争の指揮を取りながら「奴隷解放宣言/Emancipation Proclamation」を公布したことで有名ですが、1865年4月15日に演劇鑑賞中に南部出身の俳優に撃たれて亡くなり、リンカーン神話のようなものが生まれました。歴代大統領の中でもGeorge Washington/ジョージ・ワシントン 初代大統領と人気ランキングの1, 2位を常に争っています。特に黒人たちの間での人気は今でも圧倒的です。

buryは「死者を埋葬する」、またはただ単に「埋める」という意味です。発音に注意してください。Strawberry-berryと同じく、〔べリー〕と発音します。

ここでの they はある特定の人を表す代名詞ではなく、一般的な人々を表しています。

They speak English in Jamaica.  (ジャマイカでは英語を話す) のtheyと同じ役割をしています。

解答はこの下!よく考えてから見てね!
(PCのブログトップページからは<続きを読む>をクリックします。)










続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

RIDDLE 2
I have mountains and rivers, but no soil, no water.  What am I?

no water nor soil riddle

和訳
私には山と川がありますが、土と水はありません。私は誰でしょう?




ヒント
常識的に考えれば分かります。

解答はこの下ですよ!考えてからスクロールしてね!
(PCの場合は<続きを読む>をクリックします。)










続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ